キューアンドエーワークス株式会社 代表取締役社長 池邉 竜一

キューアンドエーワークス株式会社 代表取締役社長 池邉 竜一

"Digital Labor Labo"で立ち読みページ公開中!

米倉 誠一郎氏(一橋大学イノベーション研究センター 特任教授)からのエンドースメント RPAを知り、デジタルレイバーを味方にすれば、新しい働き方が見えてくる。 本書は、新技術が人の仕事を奪うのではなく、人が「人間らしく働くこと」の意味を
根本から考えるヒントを与えてくれる。これはまさに「生産性革命であり、働き方改革」だ。

"Digital Labor Labo"で立ち読みページ公開中!

米倉 誠一郎氏
(一橋大学イノベーション研究センター 特任教授)
からのエンドースメント
  RPAを知り、デジタルレイバーを味方にすれば、
新しい働き方が見えてくる。
 
本書は、新技術が人の仕事を奪うのではなく、
人が「人間らしく働くこと」の
意味を根本から考えるヒントを与えてくれる。
これはまさに「生産性革命であり、働き方改革」だ。

Digital Labor Laboとは?

"RoboRoid"がお届けする、
「RPA」「業務の可視化」「業務生産性向上」の
推進に役立つ情報サイトです。
デジタルレイバー(Digital Labor)を部下にして、
新しい価値を生み出していくためのカギをご紹介します。

書籍の詳しい内容

働き方改革を実現するための本命ともいわれるRPA。
その具体的なサービスであるデジタルレイバーがなぜ今後、普及していくのか、
歴史の流れから見た必然性や、どの仕事をデジタルレイバーに任せるか、
デジタルレイバーと人間がどのように協働するのか、そして人間はどのように
幸せな生活を送れるようになるのかを解説しています。

デジタルレイバーのイメージ画像

第1章 なぜ今、デジタルレイバーなのか

政府の成長戦略に記される「働き方改革」と「第四次産業革命」の推進が真っ只中の日本。ICTの普及により、デジタルが当たり前の世の中で、労働者にとって、求められる働き方は日々変化しています。この章では、デジタルレイバー(仮想知的労働者)と日本人との相性を紐解くと同時に、市場原理の中での雇用のあり方、また労働の本質や評価される人材の変遷にスポットライトをあて、歴史から社会と労働の接点を紹介しているプロローグです。

デジタルレイバーのイメージ画像

第2章RPAとは何か

デジタルレイバーが活躍するRPA。ただ、その導入には、システム開発のような大がかりな投資が必要とされる見方や、また、一方でソフトウェアのマクロ開発程度と思われる見方もあります。
この章では、RPAの代表的な機能を紹介するとともに、情報システム開発やマクロ開発の違いを解説しています。また、RPAの長所と短所を機能面からわかり易く紹介し、企業内におけるRPA導入時に必要なポイントを述べています。

デジタルレイバーのイメージ画像

第3章ビジネスでRPAを使いこなす

デジタルレイバーを雇い、ビジネスでRPAを使いこなすには、その目的がない限り、導入前はさることながら、導入後であっても短い雇用となってしまいます。
この章では、PRA導入前後の誤解や事象を解説するとともに、導入企業で成功した事例を採り上げ、企業内でのデジタルレイバーの雇用テクニックやその効果を具体的に紹介しています。

デジタルレイバーのイメージ画像
デジタルレイバーのイメージ画像

デジタルレイバーがもたらす未来の働き方

人とデジタルレイバーの共存は果たしてできるのか。また会社で働く従業員にとって何が変るのか。
この章では、RPAを導入した企業で働く、3名の人物にスポットライトをあて、それぞれの仕事やライフワーク、またモチベーションや生き方の変化を紹介し、共存で果たす未来の働き方を創造しています。

デジタルレイバーのイメージ画像

デジタルレイバーとの協働で未来にイノベーションを

「イノベーション」は、今始まったものではなく、これまでの産業革命の中で、人と技術との融和で生まれていたものです。その中には必ず技術を扱う労働者もいました。
この章では、新たな労働者であるデジタルレイバーを導入する際に求められるスキル、また、RPAやAIを活用できる人材の必要性と採用定義、さらにデジタルレイバーとの協働で人が創造的な能力を発揮する未来の働き方(ワークスデザイン)を著者独自の視点で提言しています。

デジタルレイバーのイメージ画像
デジタルレイバーが部下になる日 メンバー登録後、立ち読みできる内容・はじめに・目次・第1章 - case1

デジタルレイバーがもたらす未来の働き方について、
余すところなく紹介した一冊「デジタルレイバーが部下になる日」

  • Digital Labor Laboで立ち読みする

RPAソリューションサイトはこちら

立ち読みする

お問い合わせ

RPAの導入に関するご相談、講演・セミナー・研修のご依頼、
派遣サービスについてのお問い合わせはこちらからお願い致します。

RPAに関するご相談、講演・セミナー・研修のご依頼についてはこちら
top